ホーム » スポンサー広告便意を感じない » 便秘で便意がない|腸が弱いのかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

便秘で便意がない|腸が弱いのかも



便秘とは便が出ない状態ですが
その理由として便意がない事があります。

便意がないのでトイレに行かないし
トイレにいくことも忘れてしまいます。

その結果まずは便の水分が吸収されて
小さく固くなってしまいます。

その上排便する機能が落ちてしまいます。

それは腸が弱くなることでもあります。
腸は筋肉に囲まれているので
動かさないとだんだん弱ってしまいます。

排便機能は直腸からの信号が脳に送られて
脳が排便しても大丈夫と各機関へ信号を送って
その通りにいろいろな場所が機能することでうまくいきます。

いろいろな場所として直腸や肛門の括約筋があります。

それらはすべて同時にうまく動かないといけないのです。

便意がない状態でいくら気張ってみても
肛門が開かなければ便が出てこないし
押し出す力が弱くても出て来ません。

さらにそれぞれがちゃんと機能しても
うまく連動しないとダメなんです。

肛門が閉じている時に
いくら押し出す力が強くても便は出て来ません。

排便がうまく行かないことが続くと
脳が排便することを諦めてしまうのです。
そうなると便意がなくなってしまいます。


便意が無い場合はこれらすべてを同時に
うまくいくように戻さないといけないのです。

まずは排便がうまくいった状態を肛門や腸や脳に
思い出させる必要があります。

つまり便意が起こった時にすぐに排便することが大事なんです。

便意 → 排便 → すっきり感を思いださせるのです。

いくら便秘の人でも永久に出ないわけではないですよね。
便が出た時がとても重要です。

便意が有って少しでも便が出たら
意識して肛門を動かしましょう。

さらにウォシュレットで
肛門を刺激するのも良いかもしれません。

便意が起こった時にそれがスッキリとした快感になってると
感じることが重要なんです。
関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。