ホーム » スポンサー広告お腹が張る » お腹が張る便秘の解消法|腸の腫れを改善する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

お腹が張る便秘の解消法|腸の腫れを改善する



お腹が張る原因は主に
・お腹に本来無いものがある
・お腹に本来あるが量が多すぎる
・本来あるものでも大きくなっている

お腹に本来ないものとは
腹水やガンや子宮筋腫などの腫瘍などです。
これらは病院で検査や治療が必要です。


お腹に本来あるものとして
腸内の便やガスがあります。
便秘になるとまずはこれらの量が増えることで
お腹が張ってきます。

この場合は便秘を改善することで
便や腸内ガスが減ることで改善できます。


ところが普段から便秘ではあるが便が出てもお腹の張りが取れずに
なんとなく気持ち悪い状態になっている人が多くいます。

お腹も出てはいるのですがそれほどでもなく
全体に腫れぼったい感じで
押さえると少し痛い程度です。

もちろん何らかの病気でも起こるのですが
病院で検査をしても特に問題がないと言われる人も多いのです。


このような時の原因として腸が腫れている事があります。
腫れているといってもそれほどひどくないので病気とは認識されません。

腸は体の中で一番大きな臓器です。

それがほんの少しでも腫れると
その容量はかなり大きなものになります。

さらに腸が炎症を起こすと腸内に腸液が出てきて溜まったり
腸の機能が悪くなるために内容物が移動できずにたまってしまいます。

これらが同時に起こるのですから
かなりお腹が張ってきます。

さらに炎症所見として軽い痛みも起こるので
なんとなく重苦しい状態になるのです。

胃炎を経験した人はわかるかもしれませんが
痛いというよりなんとなくムカムカして気持ち悪いという感覚ですね。

腸の動きも悪くなっているので
便秘状態になります。

見た目は便秘でお腹が張っているように見えますが
このように腸が腫れていることもあるのです。

病院でも積極的に腸の腫れを解消する治療はなかなか行いません。
それは原因がはっきりしていないと
薬も逆効果になる可能性が高いからです。

治療をこなう場合はしっかりとドクターと相談して
時間をかける必要があります。

しかし実際はそんな時間をかけることが出来ずに
ずっとお腹の張りを感じている人も多いのです。

腸の腫れの解消には
・腸への刺激を少なくする
・腸の通過を助ける
こんなことが必要ですね。

実際に腸が詰まってしまった場合に行われる治療は減圧です。

腸の中に管を入れて中身をチューブから出すことで
その為に圧迫されている腸への圧力を下げることが目的です。

自分ではこんなことは出来ないので
入るものを減らすことが重要です。

つまり症状が解消するまで一時的に絶食をするのです。
卵が先かニワトリが先かみたいになりますが
とりあえず対処療法として腸の負担を少なくしてあげるのです。

その結果お腹の張りが改善すれば良しとします。
そこから次の対策をしましょう。

ある程度改善しないと色々な対策も効果がないからです。

これは腸への刺激を小さくすることでもありますし
腫れによって塞がれていた通路を開通させて通過を良くすることにもなります。


絶食はあくまでも一時的な対処療法です。

全身状態が良くない場合や他の病気を抱えている人は
行なってはいけません。

必ずドクターと相談しましょう。

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。