ホーム » スポンサー広告下腹ポッコリ » 下腹ポッコリを解消する|便秘で緩んだお腹を鍛える方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

下腹ポッコリを解消する|便秘で緩んだお腹を鍛える方法



便秘の症状で下腹がポッコリと出てきて
カッコ悪い状態になります。

便がたまるとそれが塊のようになって
下腹部がぽっこりとなると思っている人がいそうですが
ちょっと違います。

確かにかなりの便が溜まってくれば
お腹が膨らんできますが
それでも下腹部だけがポッコリすることはありません。

下腹部がポッコリとなるのは
下腹部の筋力が弱っているからです。

もともと下腹部は緩みやすく
脂肪もつきやすいので下腹部だけが出っ張ることがよくあります。

しかしさらに便秘になると
お腹の筋肉が常に引っ張られたような状態になって
緩みやすくなるのです。

そこでお腹を締める運動が必要なんですが
単純に腹筋運動をしても
なかなか効果がありません。

なぜなら便秘でお腹に溜まった便が邪魔をするからです。

やはりまずはお腹の中の便を無くしましょう。
とりあえずここは薬に頼ってください。

便秘になってお腹の筋肉がゆるむと
ますます便秘になります。

この悪循環から抜け出すには
一度断ち切る必要があります。

とにかく一度腸内から塊を出してしまいます。

その後効果的な運動をすれば
腹筋がついてきてお腹の緩みも解消され
便秘も解消するという

好循環になれるのです。

お腹から便を出してから効果的に腹筋運動をするには
お腹の中の腸の偏りを解消してから行います。

仰向けになったら口から息を吐きだして
同時にお腹を凹ませます。

大腸内の便が少なくなっていれば
思った以上にお腹が凹むはずです。

この状態でお腹に刺激を与えれば
効果的に腹筋を鍛えることが出来て

下腹部のポッコリも解消出来ます。
関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。