ホーム » 吐き気がする

カテゴリ「吐き気がする」の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

便秘で吐き気がする|腸内の便やガスが胃を刺激しているから



便秘もひどくなってくると吐き気までもおこす人がいます。

便秘になると精神的にも、
モヤモヤやいらいらが増えたりするのですが

さらに吐き気まで起こると
ものすごく体調が悪くなった気分になってしまいます。

吐き気を感じてしまう理由として
便でイッパイになった腸が近くの胃を刺激する事があります。

お腹の中で近くの内臓同士はお互いにくっついている部分があります。

お腹の中はそれほど広くないのに
様々な臓器がひしめき合っているからです。

特に腸はお腹の中でも最大の臓器です。
さらにその中には常に食べたものが未消化の状態や
便になった状態で入っているのでさらに大きくなります。

胃と腸は胃の左側あたりで特に大きく接しています。
そして腸でのこの部分は脾湾曲と呼ばれる部分で
腸の中でも曲がりがきつく通過障害を起こしやすい場所です。

さらにこ脾湾曲の部分は立っている時に一番高い位置になります。
その為立っている時には腸内ガスがたまりやすい場所でも有るのです。

つまり常に腸内ガスや便が溜まっている場所なんです。

その結果としてその横にある胃を常に刺激している状態になるのです。

胃は食べ物を消化す場所ですが
常に動いているわけではなく食べたものが胃に入ってきた信号を受けて消化を始めます。
また一定時間で動いたり止まったりを繰り返しています。

コレとは別に腸から刺激を受けると
やっぱり胃が動いてしまうのです。

さらに胃液も分泌されるようになって
何も食べていない場合は空っぽの胃に胃液だけが有ることになり
胃の壁を荒らしてしまいます。

結果として胃炎になってために
吐き気がしたり胃が持たれたりします。

この場合いくら胃薬などで胃の治療をおこなっても
原因が無くならない限り胃の症状は消えません。

便秘を解消するまでは対処療法を行いましょう。

一つの原因としてガスが固まってしまうことがあるので
これだけでも解消しましょう。

立っている時に一番高い位置になることが原因なので
まずは横になることです。

さらにそのまま体を回転させることで
腸内のガスを移動させることができます。

ガスは固まることで胃を刺激するので
回転してガスを分散させるとで塊を小さく出来ます。

時々コレを行うことで便の通過を助ける事にもなり
腸が胃を刺激することが少なくなります。



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。