ホーム » むくみやすい

カテゴリ「むくみやすい」の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

むくみが出やすい便秘|小腸の水分吸収を見落としていませんか



便秘がちの人はむくみやすいと感じているようですが
それは本当です。

便秘になるとお腹が圧迫されて
足の付根の血管も圧迫されリンパの流れが悪くなる
との説があります。

しかし相当便を溜め込まない限りなりそうもありませんね。

むくみの原因は体に水分が多すぎたり
血液の循環が悪いために起こります。

例えば心臓が悪い人は
よくむくんでいますがこれは血液の循環が悪いためです。

ふくらはぎがむくみやすいのも
長い時間の立ち仕事などで下半身の血管が広がってしまい
循環させる力が弱まってしまうからです。

また腎臓が悪い場合は体の水分が抜けないために
体の水分が増えてしまいむくんでしまいます。


では腸の場合はどうでしょう?

便秘状態になると腸の動きが悪くなります。
腸の動きが悪いから便秘になっているのかもしれませんが。

便秘の場合に腸というと大腸のことを指していることが多いのですが
むくみと関係するのは実は小腸なんです。

便秘で大腸が機能していないと
小腸から大腸へ便の元が行きにくくなります。

よく言われますが
「大腸に長い時間便がたまると水分が吸収されるので
便が硬くなります。」

この話を聞くと水分の吸収は大腸で行われているように
感じるかもしれません。
しかし、じつは食べたものから水分を吸収するのは小腸の役目です。

水分の大部分は小腸で吸収されるのです。
栄養素は水分に溶け込んだ形に変えられているので
栄養を吸収するためには水分も吸収する必用があるのです。

大腸で水分が吸収されるのは
便を形作るためなのでほんの数%にすぎないのです。


さて便秘で大腸に送られない便のもとが長い時間小腸にいたら
どうなると思いますか?

先ほどの大腸に長い時間便があると水分がどんどん吸収される
と同じ事が起こるのです。

つまり小腸は過剰な水分を吸収してしまうのです。

その結果体に水分が多すぎる状態になり
むくみが出やすくなります。


対策としては便秘の解消はもちろんですが
腎臓にがんばってもらわなければいけません。

余分な水分を体の外に出すには腎臓がメインになります。

腎臓を活性化するには
直接腎臓を刺激するのも効果があると言われています。

腎臓は腰のあたりの背中の両側に一対である臓器です。
かなり背中側に近いのでそこを刺激すると腎臓を刺激できるのです。

さすったり軽く叩いたりすると効果的と言われています。

もちろんやり過ぎはダメですよ
少し意識して刺激してやる程度でよいです。

汗をかくことも重要です。
運動は腸のためにもなるので積極的に行う価値がります。

あとはお風呂でしっかりと暖まって汗をかきましょう。


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。