ホーム » 腸の検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

便秘は大腸がんのサインかも|腸の検査を受けるときに知っておきたいこと

腸の調子が悪いと病院での検査を一度は受けたほうが良いです。

特に年齢が40歳を過ぎていると色々な体の変化が起きやすくなっています。

大腸がんは最近では女性の病気でもあるので女性で40歳を過ぎていたら
病院での検査をぜひ受けましょう。

では病院での腸の検査はどのような検査になるでしょうか?

最近では一番の代表的な検査は大腸ファイバー検査です。

大腸カメラとか省略してCF検査などと言われる場合もありますが
要するにチューブの先にカメラがついていてそれを肛門から大腸の中に入れて
直接腸の壁を見る検査です。

直接腸の壁を見るだけでなく疑わしい場合は
見えやすくするために色素を吹きかけたり拡大して確かめたり出来ます。

さらに大腸ファイバーの利点はもしポリープなどが見つかった場合は
その大きさにもよりますがその場で切り取ることが出来ることです。

チューブの中に特殊なワイヤーの輪っかを入れてポリープをその輪っかに引っ掛けて
さらにそこに電気を流して焼ききってしまうのです。

簡単ですがれっきとした手術です。

以前であればお腹を切って手術が必要でかなり大掛かりでした。
術後も長い間入院が必要でしたが
大腸ファイバーで行う手術では日帰りで行うところもあります。

ただ簡単な手術では有りますがやはり色々な合併症などの可能性があるので
一日入院の病院が多いです。

大腸ファイバー検査は長くて曲がっている腸の中に細くなったとはいえ
1cm以上の管を入れるので場合によっては痛みを伴います。

そこで最近では検査の間だけ軽い麻酔をかけることで
痛みの軽減どころか知らない間に検査が終わっている状況なんです。

もちろん麻酔のリスクも有るのですが最近では麻酔の技術や薬も良くなったので
可能になってきた方法ですね。

そうなるとこの検査で一番大変なのは
全処置ということになります。

全処置とは事前に腸の中を空にスルための作業です。

約2リットルの下剤を検査の前に飲まなくてはいけません。
美味しくない上にかなりの量を飲まなければいけないので大変なんです。

さらに下剤ですから何度もトイレに行かなければいけません。

お腹が痛くなるような作用は少ない下剤なので
お腹がいたいことはあまりないのですがやっぱり大変です。

最近は1リットル位ですむ下剤も出てきているのですが
まだ効果がはっきりしていないので
まだ使っているところが少ないのが現状のようです。


大腸ファイバーで知っておきたいことをまとめましょう。

1、大腸ファイバー検査は麻酔下で行えばほとんど苦痛がない
2、場合によっては検査中に手術することも出来る
3、手術になったら一泊入院が必要なことが多い
4、全処置はまだまだ大変である

大腸がんの症状はかなりひどくならないと出てこないのも怖いところです。
その中でも便秘は1つのサインなので便秘がひどい場合は一度検査をおすすめします。





スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。