ホーム » 便意を感じない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

便意がないときでも薬に頼らない|便秘に効くコーヒー



便意がないのでそのままにしておくと
便秘になってしまいます。

便秘になるとさらに便意を感じにくくなってしまい
慢性の便秘になる悪循環になります。

そのため便意を感じない便秘が3日続いた時には
何らかの対策をしたほうがよいのです。

それでもすぐに便秘薬に手を出すと
お金もかかりますし相性の問題もあるので
別の手を試してみましょう。

その一つがコーヒーです。
コーヒーがなぜ便秘に効くのかは実はよく分かっていません。

しかし反対に下痢に苦しんでいる人は
コーヒーで必ず下痢になてしまう人も多いのです。

コーヒーにはカフェインが入っているので
その影響で内臓が刺激を受けて動きが活発になったり。

コーヒーの中には油分が含まれているので
その影響で便が出やすくなる事も考えられます。

しかし刺激物として反応しているのであれば
便秘薬と同じように麻痺してくるはずですが
コーヒーを便秘薬の代わりにしている人は
量が増えるとかはあまり無いようです。

このへんがどうしてコーヒーを飲むことで
便意が起こるのかよく分かっていないところでもあります。

しかし反対にコーヒーで便意が起こるのであれば
それを利用しましょう。

個人差が有るようですが
コーヒーを飲んでから便意が起こるまでを自分なりに把握しておくと
便秘薬の代わりになりますよ。




スポンサーサイト

便秘で便意がない|腸が弱いのかも



便秘とは便が出ない状態ですが
その理由として便意がない事があります。

便意がないのでトイレに行かないし
トイレにいくことも忘れてしまいます。

その結果まずは便の水分が吸収されて
小さく固くなってしまいます。

その上排便する機能が落ちてしまいます。

それは腸が弱くなることでもあります。
腸は筋肉に囲まれているので
動かさないとだんだん弱ってしまいます。

排便機能は直腸からの信号が脳に送られて
脳が排便しても大丈夫と各機関へ信号を送って
その通りにいろいろな場所が機能することでうまくいきます。

いろいろな場所として直腸や肛門の括約筋があります。

それらはすべて同時にうまく動かないといけないのです。

便意がない状態でいくら気張ってみても
肛門が開かなければ便が出てこないし
押し出す力が弱くても出て来ません。

さらにそれぞれがちゃんと機能しても
うまく連動しないとダメなんです。

肛門が閉じている時に
いくら押し出す力が強くても便は出て来ません。

排便がうまく行かないことが続くと
脳が排便することを諦めてしまうのです。
そうなると便意がなくなってしまいます。


便意が無い場合はこれらすべてを同時に
うまくいくように戻さないといけないのです。

まずは排便がうまくいった状態を肛門や腸や脳に
思い出させる必要があります。

つまり便意が起こった時にすぐに排便することが大事なんです。

便意 → 排便 → すっきり感を思いださせるのです。

いくら便秘の人でも永久に出ないわけではないですよね。
便が出た時がとても重要です。

便意が有って少しでも便が出たら
意識して肛門を動かしましょう。

さらにウォシュレットで
肛門を刺激するのも良いかもしれません。

便意が起こった時にそれがスッキリとした快感になってると
感じることが重要なんです。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。