ホーム » 残便感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

残便感が強い便秘|直腸瘤が原因かもしれません



残便感が強い便秘の中で
直腸瘤が原因の便秘があります。

直腸瘤は女性に多い症状です。

直腸は排便前に最後に便が溜まる場所ですが
通常は直腸に便があるとそれが排便信号になって排便されます。

その為直腸に便が長くとどまることは少ないのです。

しかしその直腸の壁が何らかの原因で
膨らんでしまうことがあります。

そしてその膨らみが
子宮との間に入り込んでいってさらに広がるのです。

出産経験のある女性に多く見られる症状でもあります。


直腸瘤が有るといきんでも
便がそのスキマに入り込んでしまうので排便できません。

かなり頑固な便秘なので
スーパー便秘などといわれることもあります。

ひどい場合は手術によってその膨らみを取ってしまうことも必要です。

そこまでひどくない場合での対応として
まず「無理にいきまない」事が必要です。

便意がないのに無理やりいきむと
ポケットに力が分散してしまいますますひどくなります。

排便するときにはいきむことだけで
排便されるわけではありません。

排便システム全体で排便が行われるので
排便システムがそろうまでは無理をしないほうが良いのです。

余程のことがない限り排便できなくなることはありません。

出さなければいけないという強迫観念によって
無理をしてしまうのが悪循環になってしまうのです。

排便がうまくいかないために残便感が残ることもあるのですが
そこで無理にいきむことはしないでください。

そのかわり排便スタイルを少し変えてみましょう。
便が出ないと体を前かがみにしてお腹を押さえたりしがちですが
この格好では無理な力が入り過ぎます。

背中は真直ぐにして足のカカトを浮かすようにして
お腹全体に力を入れるようにします。
それから少しだけ体を前かがみにしてください。

この程度のいきみで排便に必要な腹圧はちゃんとかかるので
排便できます。

これで出ないときは無理をせず
便意が起こる時を待ちましょう。


スポンサーサイト
タグ / 残便感

残便感は便秘の症状のひとつです|括約筋を鍛える方法



便が出ないのが便秘と思っているかもしれませんが
便が出てもスッキリしない残便感があるばあいは便秘なんです。

残便感とは感覚なので難しいのですが
排便後にまだ残っている感じや
肛門が腫れぼったいなどの状態を言います。

原因の一つが肛門の括約筋が緩んでいる事があります。

この場合は便が出た時にしっかりと肛門がしまっていれば
便の切れもよくなり残便感が解消されます。

括約筋が緩むのは加齢の場合が多く
注意して鍛えなければどんどん進行してしまいます。

鍛えるためには肛門を絞めたりゆるめたりを
繰り返すことが必要です。


実は括約筋は二種類あります。

肛門の内側の内肛門括約筋と外側に有る外肛門括約筋です。

このうち内肛門括約筋は不随筋なので自分の意志で動かすことができません。
心臓と同じようなもんです。

鍛えることが出来るのは外側にある外肛門括約筋だけになります。
しかしこの括約筋はすぐに疲労してしまいます。

下痢を我慢してもせいぜい5分が限界でしょう。
その程度締め付けるともう疲労して力がなくなってしまうのです。

つまり続けて肛門を鍛えようとしても難しいのです。
その為短い時間を繰り返すことで鍛えていくしかありません。


実際の鍛え方ですが
単純にいえば肛門を閉めて緩めてを繰り返すだけです。

コレを意識して一日に10回程度行うことで
肛門の括約筋を鍛えることができます。

もう少し効率的に行うには
肛門を締めるときにおしり全体も力を入れて
締めるようにすると効果的です。

また両足の踵を付けてつま先を開くようにすると
しっかりと肛門を締めることができます。


そしてユルメルときにもポイントがあります。
出来るだけゆっくりと緩めるのです。

筋肉を鍛えるときはすべて同じですが
出来るだけゆっくりと動かすことで効果が倍増するのです。

さらに肛門を締めるときにお腹も凹ませて
腹筋にも意識を向けることでお腹全体を締めることができます。




タグ / 残便感

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。